10代のダイエットと20代以降のダイエットはまったく違うと実感した話

10代のダイエットと20代のダイエットは違う

最近、「10代のときと20代のときのダイエットって、全然違うなあ」と考えるようになりました。

年齢によって、基礎代謝や筋肉量などは大きく異なり、それによってダイエット方法も変わってきます。

わたしはそのことを理解せず、10代の頃のダイエットの成功体験にしがみつき、間違った方向に進んでいました。

10代の頃のダイエットと今のダイエット、どんな条件が違ってどんな風にやり方が変わってくるのかについて書きたいと思います。

10代の頃は、基礎代謝が高く筋肉量も多い

10代の頃は、比較的痩せやすいです。基礎代謝が高く、筋肉量も多いからです。

わたしは、17歳のとき1分骨盤ダイエットをして7〜8キロ痩せたことがありました。他に運動や食事改善などはしてなくて、これだけであっという間に痩せたので、このときのことはすごく印象に残っています。

こうして一度がっつり痩せたあと、大学2年生でデブに逆戻りしました。(詳しくはプロフィールをご覧ください!)

一度骨盤ダイエットで痩せたことがあるわたしは

ルカ
また1分骨盤ダイエットやれば痩せるでしょ!

と変な自信があり、早速取り組みました。

しかし…まったく痩せないんです。

なんで痩せないんだろう?前はあんなに痩せたのに…と悔しいやら不思議やらで、悲しい気持ちになりました。

そして他のダイエット法をかたっぱしから試すことになるのですが、それから少し経って、「なんであの時1分骨盤ダイエットで痩せられなかったのか」について一つ考えが浮かんできました。

それは、「基礎代謝や筋肉量が大きく違うから」というものです。

10代の頃は基礎代謝がもともと高かったし、わりと健康的なものを食べていて筋肉をつける土台があったし、20代になった今とは状況が全然違うと思いついたんです。

1分骨盤ダイエットは、あるエクササイズによって太もも内側の筋肉を使えるようにし、骨盤や股関節の位置を整えていくものです。

20代になって2回目に試した時は、そもそも食事の改善なんてしてなかったし、代謝も落ちていたし、外側に強く張っていた筋肉があったために効果が薄かったのだと考えました。

20代以降は、基礎代謝は下がり筋肉量も減る

過去にそこそこ大きな成功体験があったからこそ、わたしは自分の問題から目をそらしていました。

20代以降は、基礎代謝は下がり、意識していなかったら筋肉量もどんどん減っていきます。10代の頃みたいに、好きなものを何も考えずに食べていたら、体の状態はますます悪くなる一方です。

それを防ぐためには、体に良いものを食べ、運動して脂肪を消費するのが一番です。

20代になって太った場合、それは確実に「脂肪」のせいです。脚が筋肉太りになる人もいますが、それは誤った体の使い方によって起こることで、さらに筋肉がつく土台がしっかりできている人にしか起こりえません。

筋肉太りだと思っていた人も、実は脂肪だったということはよくある話です。わたしもそうでした。

10代の頃は体の使い方をちょっと変えれば痩せたかもしれませんが、20代以降はそうもいきません。ついた脂肪を確実に落としていかなければ、体は変わらないのです。

脂肪を落とすには、先ほども言ったように食事と運動が不可欠です。食事で体が変わるための土台を整え、有酸素運動で脂肪を燃焼し、筋トレでさらに痩せやすい体を作っていきます。

1分骨盤ダイエットが高校生のわたしに合っていたように、◯◯ダイエットと呼ばれるものがぴったり合って体が一気に変わる可能性ももちろんあります。

でも、それははっきり言って稀です。いろいろ試してみてもいいですが、確実なのは食事と運動です。この2つを地道に続けることで、体は変わります。

もし万が一この2つで痩せないなら、他に原因があると考えていろいろと試してみるのもありだと思います。

このように、わたしは10代の頃からダイエットにハマり、自分の成功体験にすがりついて失敗を続け、「年齢や状況によって、合うダイエット方法は変わってくる」ということを身をもって学びました。

太った理由によってダイエット方法は変わる

現在の自分の体の状況や太った理由を明らかにしないと、ダイエット方法はわかりません。

わたしが昔の成功体験を手放して「今までのような小手先のダイエットじゃなくて、根本的に体を変えることが必要なんだ」と思えたのは、ダイエット専門の渋谷DSクリニックで自分の体の状態を詳しく知ったときです。

関連記事 渋谷DSクリニックの痩身治療体験に行ってきた!

この時は衝撃でした icon-bolt 

ルカ
勝手に筋肉で太くなってると思ってたけど、これぜんぶ脂肪じゃん!

と、脂肪の厚さを測ってみてわかりました…

しかも、皮下脂肪(脚や腕などにつきやすい)だけでなく内臓脂肪(お腹周りなどにつきやすい)もしっかりついていて、「内臓脂肪はエステの機械じゃなくて、食事と有酸素運動でしか落とせない」と言われ、そうかと納得しました。

厳密には内臓脂肪まで届くような機械もあるらしいのですが、それは温めて落としやすくするだけで、実際に落とせるかどうかは自分次第らしいです。

逆に言えば、自分次第でどうにでもなるということかと思いました。

そして、着実に脂肪を蓄積していた自分から目をそらし、運動をずっと避けていたなと反省しました。

これからは「◯◯だけやってれば大丈夫」という考え方はやめて、本当に体のためになることをしっかりと継続していきたいと思います。

近々いろいろと環境が変わるので、そうしたらウォーキングやランニングをしたり、食事改善も今より徹底的に行っていきます。

その時はまた経過をお知らせします!一緒にダイエット頑張りましょう icon-heart 

ダイエットに関する記事一覧

おすすめ関連コンテンツ



ABOUT

ダイエット・海外旅行・文章を読むことと書くことが好きです。168cm60kgからスタートして、-8kg達成! ブログアフィリエイトの本も書いています。 ご質問・ご感想はInstagramのDMからいただくと返信が早くなります。 その他お仕事のご依頼などはお問い合わせフォームからお願いします。