YouTube登録者数1000人達成までの4ヶ月間の道のり&収益について

YouTubeチャンネル登録者数1000人

少し前の話ですが、昨年12月頃に始めたYouTubeのチャンネル登録者数が、4月上旬に1000人を突破しました🎉

とっても嬉しかったです…!

1000人は収益化への大きな一歩でもあり、一つの大きな区切りという感じがしていてずっと目指していたところだったので、1000という数字を見た時涙ぐみました。

今回は、そんなYouTubeチャンネル登録者数1000人を達成するまでの道のり(実行したことや考えたこと)と、収益はどうなの?ということについて書いてみようと思います。

YouTube登録者数1000人達成までの道のり

YouTubeを始めてから0人→1000人になるまで、順を追って心境の変化とともにその道のりを書いていきます。

関連記事 YouTube始めました。ブログでは伝えきれないことを動画にしていく予定です!

ちなみに、ノートにメモしていたチャンネル登録者数の変化を表にまとめてみました。(気分でつけていたので日にち等はバラバラです)

日付 登録者数
12/24 174人
12/30 209人
1/11 291人
1/15 325人
1/31 391人
2/22 470人
3/9 519人
3/22 552人
3/15 584人
3/17 599人
3/19 648人
3/22 753人
3/26 856人
3/29 893人
3/31 928人
4/9 1000人

フリーランスの1日の様子の動画や、アップデートでサイトが飛んだ動画を出した時の伸びが良かったようです。

また、動画の内容に限らず、Twitter等のSNSにショートバージョンの動画とともにURLを貼付した時は流入も登録者数も増える傾向にありました。

上の表を見ると順調に見えるかもしれませんが、時には1日1人も増えない時もあったり、かなり波がありました。

特に最初の方は流れが良かったものの、途中で伸び悩みました。

動画でも1000人達成の時のことについてお話しています👇

以下で詳しく話していきます。

YouTubeを始めるのはハードルが高かった

YouTubeを始めようと思ったのは、単純に興味があったからです。

動画撮影や話すことなんて今までまったくしてこなかったし、だからこそ「やってみたらどうなるんだろう?辛いのかな?楽しいのかな?」と興味と不安半々で始めました。

実際やってみて思ったのは、めちゃくちゃハードル高い!ということです。

もちろん人によると思うし、動画のジャンル・撮り方やどこまで準備をして臨むにもよります。

だから一概には言えませんが、少なくともわたしにとっては大変なことの連続でした。

一番最初のPOPの作り方の動画はiPhoneで撮りましたが、それ以降は本格的なカメラを使っています。

今でこそ投資してよかったと思うけど、最初の頃はまったく使いこなせなくて、ライティングもよくわからないし、毎日毎日カメラやライティングその他機材の使い方を調べ続けていました。

もちろん編集ソフトの使い方もまったくわからなくて、解説動画などを見て見よう見まねで進めました。

カメラに向かって話すのも慣れないので大変💦

わたしの場合機材やら何やら買って自分で余計にハードルを高くしたというのもありますが、それがなくてもはじめはやっぱり大変だったと思います。

一つの動画が出来上がった時は毎回嬉しかったけど、それ以上にかかる時間と体力がものすごかったという記憶の方が大きいです。

最初の3ヶ月間は「しんどい・辛い」の連続

そうして始まったわたしのYouTube生活は、正直「楽しい!」と言えるものではなく、むしろ「しんどい・辛い」ばかりでした。

こういうマイナスなことを書くのってどうなのかな?と思ったのですが、本当のことなので書くことにしました。

こんな記事も書いていました👇

関連記事 YouTubeでの動画投稿なんかやめたいと思っていた話

普段のわたしなら、楽しくない時点でもうやめる!となっています。

ブログを始めた時は楽しかったし、基本的に最初から今までずっと楽しいです。

一方YouTubeは、最初全然楽しくなかった。しかもそれが3ヶ月間続きました。

それでもよく今まで続いたなと自分で驚きます。

なんとなく、YouTubeは自分が越えないといけない壁のような感じがしていたので続けられたのかもしれません。

その3ヶ月間、普通にやってたら諦めていたと思いますが、やめたら終わりだと感じたので、とにかく続けることにしました。

質・量を調整しながら何がなんでも継続した

しんどかった時は、動画の質を下げました。

本当はブログと同じように80点くらい頑張って出したかったけど、ブログと違ってわたしにとってハードルが高いYouTubeは50点くらいでもいいや、と思って質を下げることにしました。

動画投稿に疲れてしまった時、疲れない程度まで質を下げ、一定の量をキープすることを重視しました。

わたしがペコちゃんマスクをして話している時の動画がそれです。

顔のことをあれこれ言われたり、編集に疲れたり、カメラを出すことさえも億劫になったり、そういうのがあって、マスクをして編集を最低限にしてiPhoneに変えました。

「どうしてあの時マスクしてああいう感じで撮影してたの?」と聞かれることがあるのですが、理由はこういったことでした。

マスクをしていても、編集レベルを下げても、何も出さないよりはましと思ったので出し続けました。

そうしたら、そんな質の低い動画にも関わらずコメントをくださる方がいたり、励まされるといってくれた方がいたりして、また少し元気になっていつも通りの動画を出すことができるようになりました。

あの時点で落ち込んでやめていたら、たぶんやめたままだったと思います。

だから、質を落としてでも「動画をアップする習慣」をつけることができて本当によかったです。

もしわたしがYouTubeにすでに慣れていたら、質を落とさずに量を調整していたと思います。

でも始めたばかりのわたしには続けること=量を一定に保つことの方が大事だと考えたので、質を落とす方を選びました。

ブログにも同じようなことが言えると思います。

こうして休み休み続け、またもとの動画の形式に戻し、動画投稿に慣れていきました。

関連記事 話すのが苦手な人のためのYouTube動画撮影方法

アップデートが転機に。世界のYouTuberの編集方法を参考に進めた

落ち込み期を脱して、「動画楽しいかも😍」と思い始めてきた時、Googleのアップデートを受けました。

脱毛はこれから繁忙期というところで力を入れていたので、「今こなくてもいいのに…」と悲しかったです。

でも結果的にこれが良い転機となり、YouTubeに力を入れることになりました。

楽しいと言ってもまだ大変だと思うこともあったけど、アップデートを受けてこれから自分がやるべきことを考えた時、一番ピンと来たのがYouTubeでした。

本当になんとなくの直感ですが、また新しくサイトを作ることとYouTubeを頑張ること、今どちらを自分がやるべきか考えた時、YouTubeに傾きました。

全然根拠もないし何もないけど、なんとなくそう思ったんです。

そうしてYouTube楽しくなってきたし頑張ろう、と思ってより一層動画投稿に力を入れました。

動画は、内容が一番大事だとは思いますが、わたしの場合は「動画の作り方」に興味が湧きました。

というのも、いろいろな方の動画を見ていて、韓国の美容系YouTuberさんの動画に行き着きました。

当時これから韓国旅行に行くというのもあって、情報を集めていたんです。

そこで、日本の美容系YouTuberさんとは動画の作り方がまったく違うことに気がつきました。

そこから興味を持って他の国のYouTuberさんを見ていくと、それもまったく違って驚きました。

特に韓国の方の動画はなんだかとてもおしゃれで、すごく惹かれました。

たくさん観て研究して、そのおしゃれさと可愛さはどこから来るのかメモしました。

わたしはこれをジムでウォーキングしている時に片手間でやっていました。

音なしでiPhoneをそばに置いて、流し見しながらかわいい編集方法があればそれをメモ→あとでやり方を調べるという流れです。

やり方を調べるのも大変で、日本語でやるとほとんど出てきませんでした。

基本的なテロップのつけ方とか効果音のつけ方は載ってるけど、そこから一歩踏み込んだかわいい編集方法などは自分で見つけて、英語で調べる or 見つからなければ試行錯誤してみるしかありません。

そうやってちょっとずつ動画に変化をつけていくうち、「こんな編集方法かわいい!」「いい感じになった!」というのが楽しくて、動画制作自体が楽しいものに変わっていきました💖

はじめは苦痛だったのに、工夫を重ねていくうちに楽しくなったんです。

動画制作自体が楽しいと思い始めたところで1000人到達

わたしの本の中でもよく言っていますが、楽しいと勝手に続くしクオリティも上がります。

そうやって動画投稿を続けていたら、1000人に到達していました。

ここまで何か特別なことをしたわけではないです。

挙げるとするなら、毎日でなくてもいいからとにかく続けること、少しでも動画のクオリティを上げていく努力をすること、この2つです。

ブログとまったく一緒だと思います。

最初のうちは続けることを第一に、余裕が出てきたら質も気にしていくという感じです。

続けることに慣れたら、ただ続けるだけではなく、質を考える段階にいきます。

そうすれば観ている方ももっと楽しんでくれたり、頑張ってるなと思ってくれたり、必ず変化に気がつきます。

わたしも最初は続けることで精一杯だったけど、美容系の動画でビフォーアフターが見たいと言われればたしかにそうだよなと思って次の動画で何かしらの変化がわかる写真を入れたり、一番見やすいテロップの入れ方を考えたり、どんなライティングや服が自分に合うんだろうと探したり、改善点を探せる余裕が出てきました。

そしてその過程を楽しめるようになりました。

1000人達成は、ものすごく遠い道のりに思えましたが、まずはコツコツ続けるだけでも十分達成できるのはないかと思います。

もちろんその期間は様々です。

わたしの場合は4ヶ月だったけど、1ヶ月で達成する人、1年で達成する人、いろいろだと思います。

そのへんもブログと同じで、やってるジャンルも何もかも違うので、気にする部分ではないと考えます。

毎日でなくてもいいから続けて、自分の中で改善点が見つければそれを一つ一つクリアしていくだけで大丈夫です。

すごく長い道のりでしたが、続けてきてよかったです。

YouTubeから得られる収益はどれくらい?

今度は収益のお話です。

YouTubeから得られている収益は…

今のところ「0円」です💰

現在の規約では、登録者数1000人と再生時間4000時間を超えることが条件です。

前者はクリアしたけど、後者はまだ少し時間がかかりそうです。

YouTubeの収益化についてわたしが思うことを書いていきます。

収益はふんわりとした目標の一つ

YouTubeで稼げるようになったらいいな、とはわたしも思います。

でもそれは、本当にふんわりとです💭

いつ規約変更があるかもわからないし、このまま続けてどのくらいチャンネル登録者数が増えるのかもわからない。

絶対に稼げるということはないし、途中でそれがダメになる可能性だってあります。

だからあくまでもふんわりと、そうなったらいいかもな程度に考えてます。

それなのにどうして続けているのかと言えば、やっぱり楽しいからだと思います。

「楽しいから続く」はわたしの中でやっぱり変わらない

ブログは楽しいから続きました。結果的に稼げるようになりました。

楽しいだけじゃ続かない、意味がない、楽しいかどうかは関係ないという考え方ももちろんありますが、わたしにとってはそれ自体が楽しくないと続ける気になれません。

最初の3ヶ月楽しくないのに続けたのは、負けず嫌いなのと、続けたら楽しくなるかも?というささやかな希望があったからなのかなと今では思います。

今は楽しくなったので、勝手に続きます。

勝手に続いた結果、そのうち収益化がうまくいけばいいなと考えています。

わたしは戦略を立てられるタイプでもないし、先のことを順序立てて考えるのも苦手です。

でもとりあえず、今まで何でも楽しければ続けてこれたので、それを自分の中で指標にしています。

稼げるようになるかは謎だけど、動画を作れるようになったという事実は変わらないので、もし稼げなくてもどこかで役にたつかもな程度に思ってます。

ひとまずこのままやってみます🌟

YouTubeとブログの両方で発信を続けたい

これからはYouTubeとブログの両方で、ダイエットや美容という分野で発信を続けていきたいです。

疲れた時発信をやめようかと思ったこともあるけど、やっぱりどうしてもそれからは離れられないし、自分の体験談で誰かが喜んでくれたり参考になったと言ってもらえるなら、やめたくないです。

動画もまだまだだけど、もっと役に立った思ってもらえるよう、そして自分自身が楽しめるよう、工夫しながら続けます💕

ここまで読んでくださってありがとうございました😆

これからも頑張ります!

YouTubeに関する記事一覧

おすすめ関連コンテンツ



ABOUT

ダイエット・アフィリエイト・海外旅行が好きです。168cm60kgからスタートして、-8kg達成! ブログアフィリエイトの本も書いています。 ご質問・ご感想はLINE@からいただくと返信が早くなります。 その他お仕事のご依頼などはお問い合わせフォームからお願いします。