料理が苦手な女の子におすすめのレシピ本「The基本200」を買ってみた

料理が苦手な女の子におすすめのレシピ本

これを読んでいるあなたは、料理は好きですか?

わたしは好きなのですが、苦手意識が抜けずになんだかモヤモヤしたままでした。

小学生の頃からお菓子作りが好きで、ケーキを毎日作ってた時もありました。

友達や彼氏に手作りのクッキーやケーキをあげたり、もちろん自分のために作ってパクパク食べたりもしていました。

だから、

ルカ
あんまりやったことないけど、きっと料理もできるはず!

と過信していたんです…

実際料理に手を出してみるとなかなかうまくいかなくて、思ったようにいきませんでした。お菓子作りならそこそこいい感じなのに、なんでだろう?と悩んでいました。

今思えば、「料理は目分量でいい」となぜか勝手に思ってたことが失敗の一番の原因でした。あと、アクを取ったり時間を置いたりとちょっとした細かい工程を意味がないと思って省いていたのも失敗要因です。

こんな感じで料理への苦手意識が募っていきました。

そのままほったらかしにしようかとも思ったのですが、「やっぱり女の子なら料理くらいできないと!」と思ったのと、自分の食生活をしっかり見直したかったこともあって、真剣に考えることにしました。

そこで、レシピ本を探してみました。

レシピ本はお菓子作りも料理もいろいろ持ってたのですが、料理に関してはコレ!というものがなく、困っていたんです。

シンプルでおしゃれだけど基礎的な料理が載っていなかったり、「基礎からきちんと習得したい!」と思っていたわたしが使えるものは、手元にありませんでした。

そして、いろいろ探して見つけたのがこれです。

Amazonで買って、すぐに届きました。

The基本200

黄色が鮮やかな表紙で、テンション上がります。縦30センチくらいの大きな本です。

レシピ本はこれくらい大きい方が、料理の途中にパタッと閉じてイライラ… icon-bolt みたいなことがなくなるので、とっても助かります。

メニューは基本的なものが多いです。例えば…

  • 鶏肉の唐揚げ
  • さばの味噌煮
  • 肉じゃが
  • ゴーヤチャンプルー
  • 親子丼
  • ハンバーグ
  • クリームシチュー
  • オムライス
  • 回鍋肉
  • 麻婆豆腐
  • ほうれん草のおひたし
  • 豚汁

などなど…他にもたくさんあります。

噂通り、そのレシピの丁寧さと読みやすさに感動し、「これならわたしでも美味しく作れそう!」とやる気がみるみる湧いてきました!

このレシピ本で、最初に作ってみたのが「ぶりの照り焼き」です icon-cutlery 

ぶりの照り焼き

右側のは、きのことかぼちゃのリゾット風雑炊です。

ぶりの照り焼きは今までも作ったことはあったけど、どこか微妙な感じでした。

でもこのレシピ本の通りに作ったら、「余計な脂を拭き取り生臭さを取る」「身が崩れないように手を添えてひっくり返す」など細かいコツのおかげで、とっても綺麗に美味しく作ることができました icon-heart-o 

すっごくテンション上がって美味しく食べて、幸せな気持ちになりました。

食って本当にすごいなあと最近つくづく思います。人を笑顔にできたり、体の中から変わったり。

これからこのレシピ本片手に、料理をもっと勉強していこうと思います。

料理が苦手な人でも、このレシピ通りにそのままやればうまくいくようになっているので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

食生活改善に関する記事一覧

おすすめ関連コンテンツ



ABOUT

ダイエット・海外旅行・文章を読むことと書くことが好きです。168cm60kgからスタートして、-8kg達成! ブログアフィリエイトの本も書いています。 ご質問・ご感想はInstagramのDMからいただくと返信が早くなります。 その他お仕事のご依頼などはお問い合わせフォームからお願いします。